MAGNETICS

menu

Day

“リアル脱出ゲームの作り方”
※ 一般:各 1,000円/フリーパス会員:無料

host

SCRAP 加藤隆生(代表、編集長)

presented by

京都から始まって、大阪、東京で大盛況のリアル脱出ゲーム。
リアル脱出ゲームはどのようにして生まれ、どんなふうに育ち、どんなふうになっていこうとしているのか。
そして、その発想法、運営法、構築のプロセスをリアル脱出ゲーム考案者であり、すべての公演の制作を指揮しているSCRAPの加藤隆生が中心となり語り合います。
また、話はリアル脱出ゲームから派生して、現代の最先端のアナログゲームであるARGまで届きます。あらゆる空間ゲームは物語を内包し、物語は現実を豊かにします。
これがうまくいけば日本中が「面白空間」になるやもしれません。
現実と物語の間を行きつ戻りつふらふら進む「最先端のアナログゲーム」が日本の新しい「あそび」になる様子をなんとかお伝えします。

date

2009 / 12 / 17 (Thu) 20:00~23:00

access

SunshineStudio
http://www.sunshinestudio.jp/
03-3401-0071 / 東京都渋谷区神宮前3-25-12

charge

一般:各 1000円/フリーパス会員:無料

※フリーパス会員は、会場であるSunshineStudioから半径1km圏内に職場もしくは住居のある方に発行されます。期間中何度でもノーチャージで入場できます。該当する方には即日発行いたしますので、証明できるもの(名刺等)をお持ちの上、受付でお声がけください。

※会場は飲食店のため、会費とは別にワンオーダーをお願いしております。

host profile

SCRAP 加藤隆生(代表、編集長)

フリーペーパーSCRAP編集長、ロックバンド「ロボピッチャー」ギターボーカル、リアル脱出ゲーム発案者、くるりARGプロデューサー。
空間を使った謎解きイベントに卓越したセンスを発揮する。あるとき、ある場所をまるで物語の中のように演出するゲームイベントを得意とする。
普段は思いつくままにフリーペーパーを編集したり、陽気に曲を作ったり、飲み明かしたりしている。趣味は働くこと。遊ぶように働いて、あそびを仕事にするのも得意。
http://www.scrapmagazine.com/index.html